マイケル・ジャクソン『スリラー3D』アジア初上映、ケント・モリもサプライズ登場

© 2017 Sony Music Entertainment (Japan)

エンターテイナーのMichael Jackson(故・マイケル・ジャクソン)最新アルバム『SCREAM』(スクリーム)のリリースを記念して、第30回東京国際映画祭(The 30th Tokyo International Film Festival)でショート・フィルム『Michael Jackson’s Thriller 3D』(マイケル・ジャクソン スリラー3D)ジャパン・プレミア(ショート・フィルム『Michael Jackson’s Ghosts』(マイケル・ジャクソン ゴースト)同時上映)が開催された。

 

エンターテイメント史に革命を起こし、ミュージック・ビデオの概念を変えた伝説的な「Thriller」(スリラー)のミュージック・ビデオが、オリジナル版の監督を務めた映画監督/プロデューサー/脚本家のJohn Landis(ジョン・ランディス)監督によって35mmフィルムのネガを元に最新技術で3D化、楽曲などの全てのサウンドも映画館用にDolby Atmos(ドルビーアトモス)化されたショート・フィルム『Michael Jackson’s Thriller 3D』(マイケル・ジャクソン スリラー3D)として、35周年を目前に2017年9月4日(月曜日)にはThe 74th annual Venice International Film Festival(第74回ヴェネツィア国際映画祭)のワールド・プレミアで上映、先月2017年10月28日(土曜日)には第30回東京国際映画祭(The 30th Tokyo International Film Festival)のジャパン・プレミアでアジア地域・日本国初の特別上映。さらに、ジャパン・プレミアでは、伝説的なショート・フィルム『Michael Jackson’s Ghosts』(マイケル・ジャクソン ゴースト)も同時上映された。

©2017 TIFF

上映前には、スペシャルゲストとして、ダンサー/アーティスト/コレオグラファーのKento Mori(ケント・モリ)がサプライズで登場。Kento Mori(ケント・モリ)は、開口一番「みなさんと同じようにマイケルを心から愛する一ファン」と宣言し、3D化については「いままで2Dで見てても3Dの感動があったわけで、それが本当の3Dになってしまったら、ある意味4D」と興奮。また、Michael Jackson(故・マイケル・ジャクソン)については「確実に死ぬまで僕のヒーローであり続けると思うし、1分1秒感謝を忘れたことはない。本当に一瞬だったが、お会いして握手した思い出は、僕の人生の中で最高の瞬間として心に残っている」とマイケル愛を語った。その後、「Thriller」(スリラー)のリミックスヴァージョンに合わせてダンスパフォーマンスを披露。Kento Mori(ケント・モリ)にMichael Jackson(故・マイケル・ジャクソン)が乗り移ったかのようにいつもに増してキレッキレのダンスパフォーマンスとなり、一般応募に当選し招待されたファン約500人も大熱狂、会場は熱気に包まれた。

 

ショート・フィルム『Michael Jackson’s Thriller 3D』(マイケル。ジャクソン スリラー3D)は、「Thriller」(スリラー)を劇場の大スクリーンで観ることができる喜び、そして、3D化され、Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)とゾンビたちが目の前で歌い、踊っている臨場感と迫力に感動。また、ショート・フィルム『Michael Jackson’s Ghosts』(マイケル・ジャクソン ゴースト)は、ゴーストたちと一緒に住むMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)が、時どき町の住民を怖がらせて楽しんでいたが、住民たちはMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)を変人・奇人扱いし、町から追い出そうとするも、さらにMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)とゴーストたちが音楽やダンスで住民を怖がらせるというストーリー。Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)とホラーの巨匠でもある小説家のStephen King(スティーヴン・キング)が原案、特殊メイクアーティストのStan Winston(スタン・ウィストン)が監督と特殊メイクを務め、“ゴーストよりも本当は生きている人間の方が恐ろしい”というメッセージ性とMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)の人生そのものを感じさせるストーリーとなっており、改めて作品としての素晴らしさを感じることができた。

今回観賞したファンからは、「『Michael Jackson’s Thriller 3D』(マイケル・ジャクソン スリラー3D)を全国の映画館で公開してほしい」「ショート・フィルム『Michael Jackson’s Ghosts』(マイケル・ジャクソン ゴースト)をDVD化してほしい」「映画『Michael Jackson THIS IS IT』で新たに制作した3D映像を観たい」などの声も聞かれ、今後の動向にも注目と期待が寄せられている。

Michael Jackson(故・マイケル・ジャクソン)の最新アルバム『SCREAM』(スクリーム)は、2017年10月4日(水曜日)に国内盤CDがリリース、10月27日(金曜日)に輸入盤アナログ盤がリリースされ、絶賛発売中。

イベント情報
第30回東京国際映画祭
The 30th Tokyo International Film Festival

  • 日程: 2017年10月25日(水曜日)から11月3日(祝日・金曜日)
  • 会場: 東京・六本木ヒルズ、EXシアター六本木、ほか東京都内各劇場及び施設・ホール
  • 料金: オフィシャルウェブサイトをご覧ください。
  • チケット: オフィシャルウェブサイトをご覧ください。
  • 主催: 公益財団法人ユニジャパン(第30回東京国際映画祭実行委員会)
  • 共催: 国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)、東京都(コンペティション部門、ユース部門)
  • 後援: 総務省、外務省、経済産業省、観光庁、港区、独立行政法人日本貿易振興機構、東京国立近代美術館フィルムセンター、公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団、一般社団法人日本経済団体連合会、東京商工会議所、一般社団法人日本映画製作者連盟、一般社団法人映画産業団体連合会、一般社団法人外国映画輸入配給協会、モーション・ピクチャー・アソシエーション(MPA)、全国興行生活衛生同業組合連合会、東京都興行生活衛生同業組合、特定非営利活動法人映像産業振興機構、一般社団法人日本映像ソフト協会、一般財団法人角川文化振興財団、一般財団法人デジタルコンテンツ協会、一般社団法人デジタルメディア協会
  • 支援: 文化庁、経済産業省
  • オフィシャルパートナー及びスポンサー等: 省略

第30回東京国際映画祭
The 30th Tokyo International Film Festival
http://2017.tiff-jp.net

© 2017 Sony Music Entertainment (Japan)
©2017 TIFF

   
error: