Photo by So Mishima © 2017 Star High Touch! / New Lex Tokyo © 2017 So Mishima

コード・オーバーストリートとホット・シェル・レイの優男ぶりにファン“胸キュン”

Photo by So Mishima
© 2017 Star High Touch! / New Lex Tokyo
© 2017 So Mishima

俳優/シンガー/ソングライター/コンポーザーのChord Overstreet(コード・オーバーストリート)、ポップ・ロックバンドのHot Chelle Rae(ホット・シェル・レイ)リードヴォーカル/ギターのRyan Follese(ライアン・フォリース)とリードギター/ヴォーカルのNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)が出席したミート&グリート・イベント『Star High Touch!』(スター・ハイタッチ!)が開催された。

 

Photo by So Mishima
© 2017 Star High Touch! / New Lex Tokyo
© 2017 So Mishima

世界的に大人気を博したアメリカ合衆国のテレビドラマ『glee』(邦題:glee/グリー)シリーズにSam Evans(サム・エヴァンス)役で出演、現在はシンガー/ソングライター/コンポーザーとしても活躍しているChord Overstreet(コード・オーバーストリート)、そして、2011年発表のシングル「Tonight Tonight」(トゥナイト・トゥナイト)が2,000,000ダウンロードを記録し、世界的に大人気を博したHot Chelle Rae(ホット・シェル・レイ)のRyan Follese(ライアン・フォリース)とNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)が揃って待望の来日を果たし、2017年11月11日(土曜日)と11月12日(日曜日)の2日間に渡って東京・New Lex Tokyoで開催されたミート&グリート・イベント「Star High Touch!」(スター・ハイタッチ!)に出席。

初来日となったChord Overstreet(コード・オーバーストリート)は、東京・大阪・名古屋で開催されたファンク・ポップバンドDNCE(ディエヌシーイー)の初ジャパンツアー『DNCE GoGo Saiko Japan』のスペシャルゲストとしてオープニングアクトを務め、その後、東京に戻ってミート&グリート・イベント「Star High Touch!」(スター・ハイタッチ!)に出席。Hot Chelle Rae(ホット・シェル・レイ)のRyan Follese(ライアン・フォリース)とNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)はミート&グリート・イベント「Star High Touch!」(スター・ハイタッチ!)に出席するまではプライベートで地方にも出掛け、久々の日本国を満喫。今回新たにNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)は“鯉”、Ryan Follese(ライアン・フォリース)は“富士山と日の出”のタトゥーを腕に入れたほどの親日家でもある。

 

ミート&グリート・イベント「Star High Touch!」(スター・ハイタッチ!)では、Chord Overstreet(コード・オーバーストリート)、Hot Chelle Rae(ホット・シェル・レイ)のRyan Follese(ライアン・フォリース)とNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)は、全国から集まったファンと写真撮影やサイン、会話をして交流し、流暢な日本語も織り交ぜながら丁寧にファンサービス。ファンの中には、ドラマ『glee』(邦題:glee/グリー)に登場するチアリーダーの衣装を身に纏ったファンもおり、それぞれ思い思いに3人に気持ちを伝えていた。また、感極まって号泣するファンも続出し、そんなファンを3人が温かくハグする優しさ溢れる場面も見られ、3人の優男ぶりにファンは“胸キュン”。ほかのミート&グリート・イベントにはないアットホームな雰囲気となった。

写真撮影やサイン終了後には、アコースティック・ライヴも開催され、Chord Overstreet(コード・オーバーストリート)はドラマ『glee』(邦題:glee/グリー)で歌ったラッパー/シンガー/ソングライターのTravie McCoy(トラヴィー・マッコイ) feat. シンガー/ソングライター/音楽プロデューサーのBruno Mars(ブルーノ・マーズ)の「Billionaire」(ビリオネア)のカヴァー、「My Girl」(マイ・ガール)など数曲をアコースティック・ヴァージョンで披露、Hot Chelle Rae(ホット・シェル・レイ)のRyan Follese(ライアン・フォリース)とNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)は大ヒットした「Tonight Tonight」(トゥナイト・トゥナイト)や「I Like It Like That」(アイ・ライク・イット・ライク・ザット)をアコースティック・ヴァージョンで披露。3人はファンに「一緒に歌って手伝ってね」と促し、ファンも大合唱。Ryan Follese(ライアン・フォリース)の甘い歌声とラップ、カントリーミュージックで有名なシンガー/ソングライターのPaul Overstreet(ポール・オーバーストリート)を父に持つChord Overstreet(コード・オーバーストリート)とNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)の深い歌声と演奏にファンは酔い痴れ、大熱狂した。

Chord Overstreet(コード・オーバーストリート)は「日本も日本のファンも最高だった。もう少し日本に滞在したい。みんなに会いに必ずすぐに戻ってくる」と再来日することを約束し、名残惜しそうに帰国。初来日にして親日家になった様子。Hot Chelle Rae(ホット・シェル・レイ)のRyan Follese(ライアン・フォリース)とNash Overstreet(ナッシュ・オーバーストリート)はあと数日間は日本国に滞在し、満喫するようだ。

ミート&グリート・イベント「Star High Touch!」(スター・ハイタッチ!)主催者のStar High Touch!」(スター・ハイタッチ!)実行委員会とNew Lex Tokyoは、来年2018年1月にも海外のアーティストや俳優・女優・モデルを招聘してイベントを開催予定であることを発表、今後の更なる詳しい発表や動向が注目される。

フォトギャラリー

[foogallery id=”9518″]

 

  • 写真: 三嶋 創
  • 取材協力: STAR HIGH TOUCH!実行委員会、New Lex Tokyo、Takahiro Masuda、PHILYMACK LLC、Chord Overstreet、Nash Overstreet、Ryan Follese

© 2017 So Mishima
© 2017 Star High Touch! / New Lex Tokyo

   
error: