• HOME
  • NEWS LIST
  • Universe
  • 恐竜の進化に迫る特別展「恐竜博2023」が国立科学博物館で開催—生物多様性を減らさないこと、人間を含む地球の未来のために

恐竜の進化に迫る特別展「恐竜博2023」が国立科学博物館で開催—生物多様性を減らさないこと、人間を含む地球の未来のために

“攻・守”をテーマに恐竜の進化に迫る特別展「恐竜博2023」が国立科学博物館で開催されている!どのような恐竜博になっているの!?記事を読み進めよう!

 
特別展『恐竜博2023』
日本国初公開となるズール・クルリヴァスタトルの全身骨格とゴルゴサウルス・リブラトゥスの全身骨格(複製・ロイヤルオンタリオ博物館所蔵) ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

Denversaurus第2章 鎧竜ズールのすべて

恐竜博 2023

音声ガイドを聴きながらズール・クルリヴァスタトル vs. ゴルゴサウルス・リブラトゥスの全身骨格(複製・ロイヤルオンタリオ博物館所蔵)をじっくり観察するSAPIENS TODAY|サピエンストゥデイ公式アンバサダーの戸井田晃典さん(俳優) ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

第2章「鎧竜ズールのすべて」では、今回のテーマ「攻・守」の“守”を代表するズール・クルリヴァスタトル(アンキロサウルス科)の頭骨の実物化石や皮膚痕などがのこる体骨格の実物化石、全身骨格(複製)などが公開。“攻”を代表してズール・クルリヴァスタトルと同じ時代に生きたゴルゴサウルス・リブラトゥス(ティラノサウルス科)の頭骨の実物化石と全身骨格(複製)が公開されている。

恐竜博 2023

ズール・クルリヴァスタトルの体骨格産状(複製・ロイヤルオンタリオ博物館所蔵) ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

恐竜博 2023

ズール・クルリヴァスタトルの体骨格(実物化石・ロイヤルオンタリオ博物館所蔵) ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

 

恐竜博 2023

ズール・クルリヴァスタトルの体骨格(実物化石・ロイヤルオンタリオ博物館所蔵)/資料画像 頭骨・棍棒・胴体部分(実物化石) ©Royal Ontario Museum photographed by Paul Eekhoff ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

ロイヤルオンタリオ博物館外では世界初、本展で日本国初公開となるズール・クルリヴァスタトルは推定全長約6m・体重約2.5t、アンキロサウルスと肩を並べる最大級の鎧竜。体骨格の実物化石は、アメリカ合衆国モンタナ州の約7600万年前の地層から、頭骨から尾の棍棒まで揃って発見され、アンキロサウルス科では初の事例となった。

Zuul crurivastator|ズール・クルリヴァスタトル

ズール・クルリヴァスタトルの復元図 ©Royal Ontario Museum


 

特別展「恐竜博 2023」
 
続きを読む
2 / 7

特別展「恐竜博2023」も世界初・日本国初公開の化石や全身骨格が展示され、予想以上に見応えがあり、恐竜の進化から絶滅、そして多様性までを学ぶことができる。現代の人間社会では、さまざまなところで多様性と包括性の重要性が叫ばれてはいるものの、“自分が正しい”“自分が偉い”“自分が一番”という“自分至上主義”、さらには人種差別やLGBTQI+差別、排他的・不寛容な空気も蔓延り、なかなか進歩していないのが現実。しかし、恐竜の進化・絶滅・多様性とその史実から、人間を含む生物多様性の重要・必要性を知り、学ぶことができる本展は、画期的である。太古の地球に生きた恐竜の貴重な実物化石や骨格標本をいま私たちが観ることができるのは、発掘や研究に携わる人々の努力の賜物であることと、彼らへの感謝も忘れてはならない。本展の内覧会に出席したSAPIENS TODAY|サピエンストゥデイ公式アンバサダーの戸井田晃典さん(俳優)は、「「いまは第6の大量絶滅の時期にきている」と言う真鍋先生のお話と、本展終盤にある人間の乱獲などによって絶滅してしまったドードーが自分の中でリンクしたことです。恐竜の化石や、テレビ・映画で恐竜を見たことがあっても、どこか“昔の話”として片付けていた部分がありましたが、真鍋先生のお話をお聞きして本展を観ることで“実際に存在した生き物”という認識に変わりました。自然の摂理の中に種の競争や絶滅が存在することはごく自然なことだとは思いますが、人間の手で他の種や生物の絶滅を早めては絶対にいけないのだと思いましたし、生物多様性の重要性も学ぶことができました。賀来賢人さんが登場したオープニングを見学させていただいたことも貴重な体験でした。賀来賢人さんの音声ガイドを聴きながら展示を観ることで、一緒に回っているような気持ちになって楽しかったです!とにかく声が良い!僕の質問に丁寧に答えて教えてくださった真鍋先生、ありがとうございました!」と感想を寄せた。追加情報として、イタリア共和国以外では世界初、日本国初公開となる“奇跡の赤ちゃん恐竜”スキピオニクスの実物化石が来日し、3月24日(金曜日)から本展で公開!この貴重な機会を見逃すな!

 
error: