• HOME
  • NEWS LIST
  • Art , Report
  • 上路市剛の個展『Realism of Sculpture - The Place of Holiness』が開幕—あの国宝を新たな肖像として翻訳

上路市剛の個展『Realism of Sculpture - The Place of Holiness』が開幕—あの国宝を新たな肖像として翻訳

©︎ ICHITAKA KAMIJI ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate
Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

アーティスト/造形・彫刻作家の上路市剛の個展『Realism of Sculpture – The Place of Holiness』(リアリズム・オブ・スカルプチュア—ザ・プレイス・オブ・ホウリネス)が、昨日2019年4月26日(金曜日)に東京・六本木ヒルズ A/Dギャラリーで開幕した。

 

徹底してリアリティを追求し、肖像を生みだすことで知らている上路市剛。上路市剛は、中世の先⼈たちが最先端技術で表現したものをモチーフに、年齢的なシミや皺、⽑⽳、傷、暮らしぶり、気候⾵⼟など、人のリアルな人生に思いを馳せ、さらに上路市剛の意匠を加え、現代の最先端技術を使った新たな肖像として表現。いままで京都や東京で個展を開催、日本国を中心に台湾や香港、北京で開催されているアートフェアやグループ展にも作品を出展し、幅広い世代から好評を博している。

今回の個展では、奈良・世界遺産 興福寺の国宝「北円堂」に安置されている国宝「無著・世親菩薩立像」と重要文化財「南円堂」に安置されている国宝「木造四天王立像」(増長天像・広目天像・持国天像・多聞天像)をモチーフに、新たな肖像として現代に翻訳。ギャラリー内には、興福寺の国宝「北円堂」の仏像群の構図や言い伝えられる諸説を考慮、興福寺で度々行われているお像の配置換えに習い、中心に「無著・世親菩薩立像」を、四方に「四天王立像」(増長天像・広目天像・持国天像・多聞天像)を配置し、オリジナルの仏像群の構図で展示されている。ただ、仏像群とは言え、宗教的な聖域を醸成する目的はなく、あくまでもそれぞれの立像の意味や決まった配置を鑑みて造形・彫刻を展示。髪の毛や眉毛、髭なども一本いっぽん丁寧に手作業で植え込み、高僧の生活や四天王像に思いを馳せて肌質や毛穴まで表現し、いまにも動き出しそうなくらい超リアルな仕上がり。たまたま通りかかった海外からの観光客も口をあんぐり開け、驚くほどだった。

 

上路市剛は、SAPIENS TODAY|サピエンストゥデイのインタビュー取材に対し、「いままでミケランジェロや聖ゲオルギオスといったヨーロッパの先人たちの肖像を作っていたら、ヨーロッパのアーティストから「ヨーロッパのものは俺たちが作る。日本人の君は、日本のものを作るといい」と言われたことをきっかけに、日本のものにも目を向けるようになって、今回の作品に至ります。今回は、年に一度の特別開扉時や2017年に東京国立博物館で開催された『運慶』、資料などで興福寺の「無著・世親菩薩立像」と「木造四天王立像」について勉強し、僕なりの解釈も入れて表現しました。国宝「無著・世親菩薩立像」で表現されている当時の僧侶が身に付けていた袈裟は、現代で言うパッチワークのような方法で手縫いで作られていたそうです。国宝「無著・世親菩薩立像」では、運慶(の工房)によって縫い目まで彫刻で細かく表現されています。その袈裟も本格的に再現して作りたかったのですが、今後、クラウドファンディングなどで制作に挑戦したいです」と、今作について語ってくれた。「仕事も趣味もこれ(造形・彫刻)です」と、造形・彫刻を天職と言い切る上路市剛の今後の活動や作品にも注目したい。

興福寺では、2019年5月6日(祝日・月曜日)まで国宝「北円堂」の特別開扉が実施されている。仏師の運慶の作品でもある国宝「木造弥勒如来坐像」、国宝「木造無著・世親菩薩立像」、「法苑林菩薩像」、「大妙相菩薩像」、国宝「木心乾漆四天王立像」も公開されており、今回の上路市剛の個展と併せて拝観することもオススメする。

アーティスト/造形・彫刻作家の上路市剛の個展『Realism of Sculpture – The Place of Holiness』(リアリズム・オブ・スカルプチュア—ザ・プレイス・オブ・ホウリネス)は、2019年5月19日(日曜日)まで東京・六本木ヒルズ A/Dギャラリーで開催。

フォトギャラリー

展覧会情報
Realism of Sculpture – The Place of Holiness

©︎ ICHITAKA KAMIJI ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

  • 日程: 2019年4月26日(金曜日)から5月19日(日曜日)
  • 時間: 12時00分から20時00分
  • 会場: 東京・六本木ヒルズ A/Dギャラリー(東京都港区六本木 6-11-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク 3F)
  • 料金: 無料
  • 備考: 展示作品は販売しています。詳しくは、在廊スタッフにお声がけください。
  • お問い合わせ: 六本木ヒルズ A/Dギャラリー 03-6406-6875

上路市剛 オフィシャルウェブサイト
http://ichitakakamiji.com

Realism of Sculpture – The Place of Holiness
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/kamiji/index.html

 

©︎ ICHITAKA KAMIJI

 

   
error: