• HOME
  • NEWS LIST
  • Art , Interview
  • 世界的権威ディーター・ブッフハートが語るジャン=ミシェル・バスキア—時代の最先端を走り、常に未来を描き続けた
展覧会『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』
©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

世界的権威ディーター・ブッフハートが語るジャン=ミシェル・バスキア—時代の最先端を走り、常に未来を描き続けた

展覧会『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』

©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate
Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

アーティストのJean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)研究の世界的権威でもある美術史家/キュレーターのDr. Dieter Buchhart(ディーター・ブッフハート)が展覧会『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』(Jean-Michel Basquiat: Made in JAPAN)の開催に合わせて来日したため、インタビューを行った。

 

開幕から1ヶ月以上が経過したいまでも連日長蛇の列ができ、入場まで数時間待ちのときもあるという展覧会『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』の閉幕が近づいている。本展覧会をきっかけに、再び日本国で“バスキア・ブーム”が起きている理由は、ジャン=ミシェル・バスキア自身にある。ジャン=ミシェル・バスキア研究の世界的権威でもあり、世界中でジャン=ミシェル・バスキアに関する展覧会を開催・監修するなどしてきた美術史家/キュレーターのディーター・ブッフハート氏に、ジャン=ミシェル・バスキアがカルチャーや音楽、ファッション・・・様々なものに影響を与えている要因、ジャン=ミシェル・バスキアの作品創りの原動力を尋ねた。今回はショートインタビューではあるが、その答えからジャン=ミシェル・バスキアの素顔を垣間見ることができる。

 


 

--ジャン=ミシェル・バスキアがカルチャーや音楽、ファッション・・・様々なものに影響を与えている一番の要因はなんでしょうか?

バスキアは、先見の明を持ち、時代の先を走っていたからだと思います。これは、彼の知識の部屋(空間)ということでもあります。いま、私たちが生きる方法、私たちが働く方法、私たちが他の人との関わりを持つ方法、ソーシャルメディアにしましても、いまの時代と彼の時代は全く違うわけです。彼は、1970年代、1980年代に、いまの世界を感じ、描くことができました。当時、そういう人は何人かいたと思うんですが、彼はその一人だったと思います。そういう意味でも当時から見た未来であるいまのカルチャーや音楽、ファッション、様々なものに影響を与えていると思いますし、これから先もまだ見ぬ未来に影響を与え続けると思います。

--これだけ大きな作品を創るには凄くパワーが必要だと思いますが、この原動力はどこから来たのでしょうか?

彼は、とても短い期間で約1000以上の大きな作品を創ってきました。そのエネルギーは、ドローイングをすることによって得ていたものです。彼はいつも常にドローイングしていたと言われています。友人の家に行くと、椅子に座ってテーブルにある紙切れなどにもドローイングしていたそうです。そういう意味では、エゴン・シーレ(28歳で病死したオーストリアの画家)と似ているのではないかと思います。バスキアとエゴン・シーレには80年くらい間が空いていますが、2人とも短い人生でした。エゴン・シーレも人生を通してずっと作品を創っていたと言われています。例えば、バスキアはダンスをしに行き、午前2時00分くらいになるとスタジオに行き、そこから24時間作品創りをする、そういう人でした。

 
——貴重なお話をありがとうございました!

ありがとうございました!

  • インタビュー・文: 江渕 良平 a.k.a. CHALLENGER
  • 通訳: 高松 珠子
  • 写真: 江渕 良平 a.k.a. CHALLENGER
  • スーパーバイザー: 江渕 美幸
  • 取材協力: フジテレビ、森アーツセンター、エヌ・アンド・エー

 

展覧会情報

バスキア展 メイド・イン・ジャパン
Jean-Michel Basquiat: Made in Japan
  • 日程: 2019年9月21日(土曜日)から11月17日(日曜日)
  • 時間: 10時00分から20時00分 ※ただし、9月25日(水曜日)・9月26日(木曜日)・ 10月21日(月曜日)は10時00分から17時00分(入場は閉館の30分前まで)
  • 休館: 9月24日(火曜日)
  • 会場: 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F(東京都港区六本木6-10-1)
  • 料金: 一般 当日 2,100円(税込) 前売り・団体 1,900円(税込) / 大学生 当日 1,600円(税込) 前売り・団体 1,400円(税込) / 小学生・中学生 当日 1,100円(税込) 前売り・団体 900円(税込) / 未就学児 無料 / 障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名までは当日料金の半額 ※障がい者手帳要提示 / 図録付チケット 4,500円(税込) / コースター付チケット 2,800円(税込) / カレンダー付チケット 3,000円(税込)/ ほか ※団体は15名以上
  • チケット: 当日券は11月17日(日曜日)まで森アーツセンターギャラリー&各プレイガイドで発売中
  • キュレーター: Dieter Buchhart(ディーター・ブッフハート)
  • アソシエイト・キュレーター: Anna Carina Hofbauer(アナ・カリーナ・ホフバウアー)、小野田裕子
  • 監修: 宮下規久朗(神戸大学教授/美術史家)
  • 音声ガイド: 吉岡里帆(女優)
  • 備考: 巡回展の開催予定はありません。
  • 主催: フジテレビ、森アーツセンター
  • 特別協賛: 株式会社ZOZO
  • 協賛: 損保ジャパン日本興亜
  • 後援: アメリカ大使館、ニューヨーク市観光局、WOWOW、J-WAVE
  • お問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600

バスキア展 メイド・イン・ジャパン
Jean-Michel Basquiat: Made in Japan
www.basquiat.tokyo

 

Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat. Licensed by Artestar, New York

 

   
error: