• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • エリック・カールの絵本の世界をテーマにしたPLAY! PARK ERIC CARLEのオープン日が決定—日本国初の新エンタメ施設

エリック・カールの絵本の世界をテーマにしたPLAY! PARK ERIC CARLEのオープン日が決定—日本国初の新エンタメ施設

全世界で“絵本の魔術師”として愛された故・エリック・カール氏の絵本の世界(観)や理念、アートが詰まった日本国初の施設のオープン日が発表された!いつオープンするの!?記事を読み進めよう!

 
The Very Hungry Caterpillar|はらぺこあおむし
エリック・カールさんの絵本『The Very Hungry Caterpillar』(邦題『はらぺこあおむし』) ™ & © 2021 Penguin Random House LLC. All rights reserved.
PLAY! PARK ERIC CARLE|プレイパーク エリック・カール

PLAY! PARK ERIC CARLEのポスター ™ & © 2021 Penguin Random House LLC. All rights reserved.

児童文学作家(絵本作家)/イラストレーターの故・Eric Carle(エリック・カール)の絵本の世界をテーマにした日本国初の施設 PLAY! PARK ERIC CARLE(プレイパーク エリック・カール)が、2021年11月12日(金曜日)に東京・二子玉川ライズS.C.タウンフロント 8Fにオープンすることが決定した。

 

東京・世田谷に位置する複合型商業施設 二子玉川ライズ S.C.のタウンフロント 8FにオープンするPLAY! PARK ERIC CARLEは、全世界70か国語以上の言語に翻訳され、累計50,000,000部超を販売し、いまもなお販売部数を伸ばし続けているベストセラーで、1969年刊行の絵本『The Very Hungry Caterpillar』(邦題『はらぺこあおむし』(偕成社))などの作者としても知られる故・エリック・カールが描いた絵本の世界(観)と、エリック・カールが大切にしていた創造性・発見・遊び・発展といった理念に基づいてデザインされる国内初のインドアプレイグラウンド施設。敷地面積約1,200㎡には従来の商業施設にはなかった子どもも大人も一緒に楽しむことができる9つのブースと、オリジナルグッズや知育玩具などを販売するセレクトショップ“Hungry Market”(ハングリーマーケット)が並ぶ。

エリック・カールの色彩豊かでユニークなアートがそれぞれにあしらわれた9つのブースは、冒険の旅に出る“みどりのめいろ”、大好きな生き物たちの不思議を発見できる“ディスカバリーゾーン”、ヨーロッパ最大の公園遊具メーカーHAGS社製遊具でおもいっきり体を動かして遊ぶことができる“アスレチック”、さまざまなワークショップを体験できる“アトリエ”、触って遊べるからくり人形やゲームを楽しむことができる“オートマタ&ザ・ルーブ”、人気の絵本『パパ、お月さまとって!』に登場するまん丸お月様が展示される“お月さま”、フリーでおいしい飲み物を飲むことができる“ドリンクバー”、ソファに座ってドリンクを飲みながら絵本を読んだり休憩したりできる“ひとやすみスペース”、2歳未満児限定の部屋“ベビーエリア”となり、子どもも大人も一緒になって遊びの中から学びを得ることができるよう様々な工夫がされる。

 

エリック・カールは、1929年6月25日、アメリカ合衆国ニューヨーク生まれ。少年期は、家族と共にドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州に移住し、自身は絵を学ぶ。1952年にはアメリカ合衆国に戻り、グラフィックデザイナーとして働き、イラストレーターとして絵本制作にも携わり、1967年には絵本『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』(邦題『くまさん くまさん なにみてるの?』(文:Bill Martin Jr.(ビル・マーチン)))で絵本作家デビュー。1969年刊行の絵本『The Very Hungry Caterpillar』(邦題『はらぺこあおむし』)は、全世界で70か国語以上の言語に翻訳され、累計50,000,000部超を販売し、ベストセラーに。その他にもコラージュ、絵画、紙、布、彫刻など様々な手法で様々な仕掛けを施した作品を発表したほか、舞台美術や立体作品など絵本以外の作品も手掛けた。彼が60年以上に渡って手掛けた作品は70作以上にのぼり、世界で170,000,000部超が販売され、ここ日本国でも大人気を博している。2002年には、アメリカ合衆国初の絵本専門美術館 Eric Carle Museum of Picture Book Art(エリック・カール絵本美術館)をマサチューセッツ州アーマストに共同で創設・開館し、自身の作品はもちろん、他の絵本作家の作品も紹介。2003年には、Laura Ingalls Wilder Award / Children’s Literature Legacy Award(ローラインガルスワイルダー賞(現・児童文学遺産賞))を受賞し、Williams College(ウィリアムズ大学)やAmherst College(アマースト大学)を含む8つの名誉学位を取得。来日は、2017年が最後。今年2021年5月23日(日曜日)、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ノーサンプトンにある自身のスタジオで家族に見守られながら腎不全で亡くなった。91歳だった。

PLAY! PARK ERIC CARLEは、2021年11月12日(金曜日)に東京・二子玉川ライズS.C. タウンフロント 8Fにオープンする。尚、チケットの一般発売は、10月20日(水曜日)10時00分より公式サイトでスタート。

RECOMMEND

INFORMATION

PLAY! PARK ERIC CARLE|プレイパーク エリック・カール

™ & © 2021 Penguin Random House LLC. All rights reserved.

住所: 〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター タウンフロント8F
時間: 10時00分から20時00分 ※当面の間は3部制・各回2時間入替制(各回30分前から受付)
料金: 事前予約制 大人・子ども共通 初回 2,500円(税込)※オリジナルタンブラー付き / 2回目以降 2,000円(税込) / 生後1歳未満 無料
交通: 東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」直結
運営: エイアンドビーホールディングス
お問い合わせ: オフィシャルウェブサイトよりお問い合わせください。

 

 

™ & © 2021 Penguin Random House LLC. All rights reserved.
 
 

全世界で“絵本の魔術師”として愛され、生涯を通して子どもたちのために絵本を描き続けたEric Carle氏の絵本の世界(観)、アート、理念、言葉で埋め尽くされるPLAY! PARK ERIC CARLEは、“子どもたち一人ひとりは、私たちの未来そのもの”と、子どもたちをとっても大切に思い考えていたEric Carle氏の温かい雰囲気を感じることができる空間になるだろう。子どもたちにとっても、大人にとっても、絵本好きにとっても、アート好きにとっても、とても大切で素敵な施設だと思う。オープンが楽しみだね!

 
error: