• HOME
  • NEWS LIST
  • Music
  • ONE OK ROCKが「Renegades」ピアノver.をリリース—ヴォーカル&ピアノのみの極限まで削ぎ落としたアレンジ

ONE OK ROCKが「Renegades」ピアノver.をリリース—ヴォーカル&ピアノのみの極限まで削ぎ落としたアレンジ

世界的に人気を博しているロックバンド ONE OK ROCKが、NEWシングルをリリースした!どのようなNEWシングルになっているの!?記事を読み進めよう!

 
ONE OK ROCK|ワンオクロック
©︎ 10969 Inc.
Renegades by ONE OK ROCK

NEWシングル「Renegades (Piano)」海外盤(左)と日本国盤(右)のジャケット

世界中で人気を博しているロックバンド ONE OK ROCK(ワンオクロック)が、シングル「Renegades」(レネゲイズ)のピアノver.「Renegades(Piano)」を2021年8月20日(金曜日)に配信リリースした。

 

ONE OK ROCKは、シンガー/ソングライター/音楽プロデューサーのEd Sheeran(エド・シーラン)と共同で2021年公開の映画『るろうに剣心 最終章 The Final』のために書き下ろしたシングル「Renegades」(レネゲイズ)を4月にリリースし、さらにアコースティック・サウンドにアレンジしたシングル「Renegades (Acoustic)」を7月30日(金曜日)にリリースしたが、今回は、キーボディスト/アレンジャー/コンポーザーのGakushi(ガクシ)を迎え、Taka(タカ)のヴォーカルとGakushiのピアノのみで構成したNEWシングル「Renegades (Piano)」をリリース。

NEWシングル「Renegades (Piano)」は、ドラマティックで繊細な旋律を奏でるGakushiのピアノと、いま世界中で深刻化している様々な問題や既存のシステムに対して疑問を呈す“反逆者たち”に捧ぐTakaの力強くも繊細なヴォーカルが化学反応を起こして熱を帯び、誰もが奮い立つようなエモーショナルなラストで締め括られている。オリジナルのバンドサウンドから極限まで削ぎ落としたヴォーカルとピアノのみのアレンジになったことで、リリックに込められた強い想いとメッセージ性がより鮮明に浮かび上がり、多くの人々の心を鷲掴みにする。そして、「Renegades (Piano)」のリリースに合わせ、TakaとGakushiのレコーディングの様子を収録した特別映像も公開され、2人だけの緊張感とライブ感が溢れる映像となっている。

ONE OK ROCKは、ヴォーカルのTaka、ギタリストのToru、ベーシストのRyota、ドラマーのTomoyaの4人で構成され、現在、日本国で最も人気のロックバンドの1つであり、世界的にも注目され、人気を博している。首位に輝いた2015年2月リリースのアルバム『35xxxv』、2017年1月リリースのアルバム『Ambitions』、2019年2月リリースのアルバム『Eye of the Storm』を含む6作全てが国内総合ランキング5位以内に入るという輝かしい功績を残す。2016年に開催されたTHE CLASSIC ROCK AWARDS 2016では、”Eastern Breakthrough Male Band”を受賞。昨年2020年には、初となる生配信ライヴ『ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder” at Stadium Live Streaming』を千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催し、約110,000人が同時視聴。ヒットシングル「Stand Out Fit In」、「Wasted Nights」、「Change」など、生配信とは思えない圧倒的なパフォーマンスを披露し、成功させた。

ONE OK ROCKのNEWシングル「Renegades(Piano)」は、2021年8月20日(金曜日)に配信リリース。

RECOMMEND

INFORMATION

ONE OK ROCK “Renegades (Piano)”

発売: 2021年8月20日(金曜日)

ダウンロード / ストリーミング
https://OOR.lnk.to/RNGDSJPIPu
日本国内レーベル
https://wmg.jp/oneokrock/

 

 

© 10969 Inc. © 2021 Warner Music Japan Inc.
 

NEWシングル「Renegades (Piano)」は、力強くも丁寧に語りかけるように歌うTakaさんとその繊細な歌声、想いとメッセージ性を引き出すようなGakushiさんのシンプル且つ力強いピアノの音色とアレンジが印象的。1つの楽曲を深掘りしてアレンジし、色んな面を魅せ、楽しませてくれる試みも素晴らしい。次はどのような楽曲を生み出し、魅せてくれるのか、楽しみだ!

 
error: