• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • 蒼井翔太と増田セバスチャン、ハローキティが『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』に登場—東京シティビューで今日開幕

蒼井翔太と増田セバスチャン、ハローキティが『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』に登場—東京シティビューで今日開幕

サンリオの創業60周年を記念した展覧会『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』(東京会場)のオープニングセレモニーが開催された!どのようなセレモニーになったの!?記事を読み進めよう!

 
サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
左から増田セバスチャンさん・蒼井翔太さん・ハローキティ © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376 ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi
サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史

ZONE 4「Hello Kitty」、奥にはレディ・ガガさんが着用して話題になったドレスも © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376 ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

サンリオの創業60周年を記念して開催される展覧会『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』(東京会場)が、今日2021年9月17日(金曜日)に東京・東京シティビューで開幕する。

 

展覧会『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』(東京会場)の開幕に先駆け、昨日9月16日(木曜日)にオープニングセレモニーが開催され、本展の音声ガイドのナビゲーターを務めた声優/シンガーの蒼井翔太と、エントランスに展示されているシンボリックアート“Unforgettable Tower(アンフォゲッタブルタワー)”を制作したアーティスト/アートディレクターの増田セバスチャン、サンリオを代表するキャラクターで世界的人気を博すハローキティが登壇した。

テープカットを終えた蒼井翔太と増田セバスチャンは、トークセッションを実施。MCを務めたTBSアナウンサーの山本里菜からサンリオとの出会いについて聞かれると、蒼井翔太は「僕ももともとサンリオのキャラクターが可愛くて大好きだったんですけど、ある時期にご縁がありまして、僕が“しょーたん”というキャラクターになってサンリオの仲間たちと一緒に朝・昼・夜と3公演のパレードをさせていただくことがありました。みんなと一緒に過ごした時間がめちゃくちゃ夢のようで、すごく幸せな時間をいただいたのでありがたいなと思い、さらに愛が大きくなりました」とサンリオとの仕事やキャラクターたちとの幸せな時間を振り返り、増田セバスチャンは「僕は、出身が千葉県松戸市でして、そこにはサンリオ劇場いうのがあったんですよ。サンリオ劇場に通って映画を観たり、ギフトショップでキャラクターたちとふれあったりしていたので、小さいときからサンリオのキャラクターはすごく身近でした。そういったことがきっかけで、まさかここまでお仕事をするとは思わなかったですね。アーティストになってからは、20年くらいずっとサンリオさんとお仕事をご一緒させていただいています」と幼い頃の体験やきっかけがいまに繋がっていることを明かし、それぞれサンリオとの深い縁・関係性を語った。本展のシンボルとなっている高さ8m超、サンリオ全キャラクターのぬいぐるみで構成された“Unforgettable Tower”に話題が移ると、増田セバスチャンが「これは大分や名古屋を巡回しているんですけど、東京会場では倍ぐらいの高さになって、実は今日の朝まで設営していました」と東京会場では特別仕様になり、スケールアップしたことについて触れ、それを聞いた蒼井翔太もびっくりしてさらにテンションが急上昇。続けて「約4,000体以上のぬいぐるみを使っていまして、色々なキャラクターが入っていますので、キャラクターが好きな方は1つひとつ自分の推しのキャラクターがどこにあるかなと探すのも楽しみなんじゃないかなと思います。みなさんに喜んでもらえるように、なるべく(ぬいぐるみの)顔が潰れないように配置しています。写真を撮るときは、是非、推しのキャラクターに近づけて撮ってほしいなと思います」と楽しみ方も提案。音声ガイドについて聞かれると、蒼井翔太は「サンリオさんの歴史をみなさんと一緒に振り返ることができるように収録させてただきましたし、その中でもただ歴史を振り返るだけでなく、歴史やキャラクターに関するクイズを組み込んで、みなさん参加型のアトラクションのような音声ガイドになっていますので、楽しみにしていただきたいなと思います。みなさまの愛と、ここに来ていただいたテンション、楽しいという気持ちで答えていただいて、正解しても不正解しても知ることができる、今回のサンリオ展になっていると思います」と、サンリオについて“知る喜び”を味わえる音声ガイドになっていると説明した。

メディアによる質疑応答では、SAPIENS TODAY|サピエンストゥデイの質問「最近ですと、サンリオさんは、“サンリオ男子”というような展開もありますが、女性・女の子だけではなく、男性・男の子などにもおすすめの点やこういう展示を見てほしいというのがありましたら教えてください」に、増田セバスチャンが「“カワイイ”というのは女性だけのものではなく、男性にも見てほしい。いまは性別に関係なく、“好きなものは好き”と言える世の中になりましたので、いままでちょっと恥ずかしいなと思っている人も来ていただいて、サンリオの夢と歴史を感じてほしいと思います。ポイントは、男性でも好きなキャラクターは多くて、好きなキャラクターを中心に見てもらう方が、よりそのキャラクターがどのような歴史を持って、どのような特徴があるのかも感じられますので、そういった楽しみ方をしていただければと思います。男性に限らず、歴史とかストーリーが大好きだと思うので、そういったものを感じた方がより楽しめるのではないかと思います」と、老若男女・性別等問わずすべての人が楽しむことができるサンリオ展になっていることを教えてくれた。

 

最後に、蒼井翔太は「音声ガイドを収録させていただいた身としましては、サンリオさんの歴史、そしてそのサンリオさんをこれまで愛してこられた方々の愛を背負って楽しく収録にのぞませていただきましたので、それがみなさまに伝わればいいなと思います。このシンボルタワーは、みなさまの心の中そのものだと思いましたので、今回は8m越えですが、ここからまたシンボルタワーをどんどん高く高くみなさんと一緒につくっていく—夢の具現化だと思います。そして、男の子も“カワイイ”っていうものを“カワイイ”と素直に言ってもいい時代です。胸を張って“好きなものを好き”、それがサンリオのキャラクターであったら僕もすごく嬉しいなというふうに思いますし、僕自身もカワイイ文化をサンリオさんと共にもっともっと広げていきたいなと思っております。このサンリオ展を楽しんでいただけると嬉しいです」、増田セバスチャンは「サンリオ展は、サンリオの愛と歴史が詰まっています。ずっと続いてきた歴史を感じていただきながらキャラクターをもっともっと楽しんでもらいたい。いままでサンリオに触れたことがない人にも来ていただいて、サンリオってこういう歴史があって、こういうものがつくられて、そして世界に飛び立っている、そういうふうに感じてもらいながら楽しんでもらいたいです。今回の展覧会は、すごく貴重だと思うんですね。貴重な展示物や過去の作品、原画もありますし、色んなものが詰まっていますので、見逃さずにサンリオを感じていただいて、そしてキティちゃんやその他のキャラクターが世界に広がってみんなに愛されていることを感じてもらいたいと思っています」と、来場する方やサンリオファンへのメッセージで締め括った。

本展は、4月24日(土曜日)から開催された愛知・松坂屋美術館を皮切りに、7月10日(土曜日)から大分・大分県立美術館、今日9月17日(金曜日)より3都市目となる東京・東京シティビューで開催される展覧会で、昨年2020年に創業60周年を迎えたサンリオの歴史をたどりながら、これまでに制作された400以上のキャラクターのうち、日本国のポップカルチャーを代表するハローキティやマイメロディ、パティ&ジミーまで、懐かしいキャラクターにもスポットを当て、サンリオ史上最大となる800点以上の商品、貴重な原画や資料を展示。のちに世界でも注目されることとなった日本国が産んだ独自の“カワイイ文化”をサンリオ創業以前の歴史から紐解き、どのように生まれ、発展していったのか、その裏にあるサンリオの企画意図や戦略、苦労話などのビジネス視点と想いも解説し、独自の目線で掘り下げている。さらに国内新進気鋭アーティストたちとのコラボ作品も展示されているほか、本展でしか手に入れることができない100点以上のオリジナルグッズの販売など、サンリオの魅力を余すことなく体験できる回顧展となっている。

サンリオの創業60周年を記念して開催される展覧会『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』(東京会場)は、来年2022年1月10日(祝日・月曜日)まで東京・東京シティビューで開催。

RECOMMEND

INFORMATION

 
日程: 2021年9月17日(金曜日)から2022年1月10日(祝日・月曜日)
時間: 10時00分から22時00分(最終入場 21時30分)
会場: 東京・東京シティビュー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
料金: 事前予約制 日時指定券 一般 [平日] 当日 2,100円(税込) 前売り 1,900円(税込) [土曜日・日曜日・祝日] 当日 2,300円(税込) 前売り 2,100円(税込) / 大学生・高校生 [平日] 当日 1,500円(税込) 前売り 1,300円(税込) [土曜日・日曜日・祝日] 当日 1,700円(税込) 前売り 1,500円(税込) / 4歳〜中学生 [平日] 当日 850円(税込) 前売り 650円(税込) [土曜日・日曜日・祝日] 当日 1,050円(税込) 前売り 850円(税込) / シニア(65歳以上) [平日] 当日 1,800円(税込) 前売り 1,600円(税込) [土曜日・日曜日・祝日] 当日 2,000円(税込) 前売り 1,800円(税込) / 4歳未満 無料 / その他
注意: 新型コロナウイルスによる感染症の感染拡大状況により、展覧会の内容・会期等が変更になる場合があります。変更の場合は、オフィシャルウェブサイトで臨時お知らせします。新型コロナウイルスによる感染症の感染拡大防止のため、入館時の検温と手指の消毒、館内でのマスク着用、ソーシャルディスタンス等が必須となります。
お問い合わせ: 東京シティビュー 03-6406-6652(10時00分から20時00分)

 
サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
https://sanriocharactermuseum.com

 

 

© 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
 
 

日本国が生んだ“カワイイ文化”を体現している蒼井翔太さんと増田セバスチャンさん!サンリオキャラクター全452の中で好きなキャラクターや思い入れのあるキャラクターについて聞かれると、蒼井翔太さんは「パレードをやらせていただいたときにすごく力を貸してくれた子たちがいまして、それがリトルツンスターズのお2人です。色んなアドバイスもくれて、頼り甲斐のある2人でした。キティちゃんはもちろん、色んな仲間たちがパレードを盛り上げてくれたのでみんな大好きです」と、いまでもリトルツインスターズに支えられているという。増田セバスチャンさんは「キティちゃんは別格で殿堂入りということで、僕はけろけろけろっぴとハンギョドン!目が離れているキャラクターに弱いんですよ。でも、それは小学生・中学生くらいだったんですけど、実はいまはクロミちゃん推しなんです。クロミちゃんは、ちょっと心に影がある感じが自分に近いものがあると思っています」と、自身と重なるキャラクターを推しているようだ。

 
error: