• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『素晴らしきかな、人生』日本語タイトル(邦題)に込められた想い
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

映画『素晴らしきかな、人生』日本語タイトル(邦題)に込められた想い

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

映画『Collateral Beauty』(邦題:素晴らしきかな、人生)の日本語タイトル(邦題)に込められた想いが明かされた。

 

海外映画の日本語タイトル(邦題)には、原題とは全く異なる日本語、独自の言葉を使ったタイトルが付けられる場合がある。日本国、日本人向けの独自の日本語タイトル(邦題)には、それなりの意味合いや多くの想いが込められているようだ。

映画『Collateral Beauty』(邦題:素晴らしきかな、人生)の原題『Collateral Beauty』は、劇中では何度も問いかけられる言葉となっており、「幸せのオマケ」と訳されている。不幸な出来事に付随して、思いがけず生まれる幸せ。

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

映画『Collateral Beauty』(邦題:素晴らしきかな、人生)の日本語タイトル(邦題)は、1946年公開の映画『It’s a Wonderful Life』(邦題:素晴らしき哉、人生)の日本語タイトル(邦題)を彷彿させるものとなった。1946年に映画監督のFrank Capra(フランク・キャプラ)監督によって制作された映画『It’s a Wonderful Life』(邦題:素晴らしき哉、人生)は、公開から約70年が経過したいまも愛され続ける名作。2014年には、アメリカ合衆国の大手映画批評サイトで、クリスマス映画ベスト25の1位に輝いた。人生に絶望したドン底の主人公が見習い天使との出会いを経て、生きる意義とその素晴らしさに気付く、クリスマスシーズンに観る定番作品にもなっている。映画『Collateral Beauty』(邦題:素晴らしきかな、人生)は、映画『It’s a Wonderful Life』(邦題:素晴らしき哉、人生)のリメイクやリブートではない。しかし、映画監督/プロデューサー/脚本家のDavid Frankel(デヴィッド・フランケル)監督や脚本家をはじめ、キャストたちも、舞台・設定・メッセージにおいて、この作品を意識したという。舞台は、クリスマスのアメリカ合衆国ニューヨーク。人生のドン底をさまよう主人公Howard Inlet(ハワード・インレット)が、奇妙な3人の男女と出会う・・・Howard Inlet(ハワード・インレット)は3人との対話を通して、自分を支えていた愛の存在に気付き、新たな一歩を踏み出して行く。David Frankel(デヴィッド・フランケル)監督は、「我々が日々当然のことのように思っていて気付かないような幸せこそが、前に進む理由になる」と語り、続けて「例えば、美しい夕日や子供の微笑み、つかの間の宝物のようなもの。“ Collateral Beauty”(幸せのオマケ)には、無数の例がありますが、そういった人生の小さくも素晴らしい断片が、生きる価値があると思わせてくれる」と語っている。

 

人を輝かせてくれるのは、人とのつながり。どんなに辛いことがあっても、ドン底を乗り越える方法はきっとある。魅力的な豪華キャストが、最先端ファッションを着こなして、人生を輝かせるヒントをくれる感動作―映画『Collateral Beauty』(邦題:素晴らしきかな、人生)は、2017年2月25日(土曜日)より全国ロードショーで絶賛公開中。

Collateral Beauty
素晴らしきかな、人生

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が―。

  • 公開: 2017年2月25日(土曜日) 丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
  • 監督: David Frankel(デヴィッド・フランケル)
  • 製作: Michael Sugar(マイケル・シュガー)
  • 音楽: Theodore Shapiro(セオドア・シャピロ)
  • 出演: Will Smith(ウィル・スミス)、Kate Winslet(ケイト・ウィンスレット)、Keira Knightley(キーラ・ナイトレイ)、Edward Norton(エドワード・ノートン)、Dame Helen Lydia Mirren DBE(ヘレン・ミレン)、ほか
  • 配給: ワーナー・ブラザース映画

Collateral Beauty
素晴らしきかな、人生
http://subarashiki-movie.jp/

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

   
error: