• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『バーニング・オーシャン』監督・キャストがお互いにリスペクトし合い熱演

映画『バーニング・オーシャン』監督・キャストがお互いにリスペクトし合い熱演

 
© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画『Deepwater Horizon』(邦題:バーニング・オーシャン)で海上事故・災害に遭遇した実在の人物たちを体現したキャストの特別映像が公開された。

 

映画監督/プロデューサーのPeter Berg(ピーター・バーグ)監督は、「役者が全員、本当に才能豊かだから、名演技を見られて監督として楽しかった」と、キャストの熱演に興奮。奇跡の生存者の一人でもある電気技師のMike Williams(マイク・ウィリアムズ)を演じた俳優/プロデューサーのMark Wahlberg(マーク・ウォールバーグ)とは、2014年公開の映画『Lone Survivor』(邦題:ローン・サバイバー)に続いての2度目のタッグとなるPeter Berg(ピーター・バーグ)監督は、「真に迫ってると感じるから、観客はマークの芝居に共感できる」と全幅の信頼をおく。初共演となる俳優のDylan O’Brien(ディラン・オブライエン)も「マークはプロだ。いとも簡単に演じているように見える」と、自然な演技に圧倒された様子。大事故に遭遇した夫Mike Williams(マイク・ウィリアムズ)の身を案じる妻Felicia Williams(フェリシア・ウィリアムズ)を演じた女優のKate Hudson(ケイト・ハドソン)は、「どの演技もよかった。労働者をすごくよく理解している」と語った。

俳優のKurt Russell(カート・ラッセル)は、現場作業員の安全を第一に考える責任感の強い男、施設主任のJimmy Harrell(ジミー・ハレル)を演じた。この役に「カート・ラッセルの名が挙がった瞬間に満場一致。誰もそれまでの意見を振り返らなかった」と、製作を務めたプロデューサーのMark Vahradian(マーク・ヴァラディアン)がキャスティングのエピソードを語った。

俳優/映画プロデューサーのJohn Malkovich(ジョン・マルコヴィッチ)は、Jimmy Harrell(ジミー・ハレル)たちと激しく対立し、事故のカギを握る石油会社の管理職員Donald Vidrine(ドナルド・ヴィドリン)を演じた。掘削作業の遅れを取り戻すために安全テストをショートカットし、泥水排出作業を急がせ、事故を誘発した張本人。勇気ある女性作業員Andrea Flaytas(アンドレア・フレイタス)を演じた女優のGina Rodriguez(ジーナ・ロドリゲス)は、「マルコヴィッチの演技は、信じられない域」と語る。ドリル管理室で事故に最初に気づく作業員Caleb Holloway(ケイレブ・ハロウェイ)を演じ、泥と原油にまみれるDylan O’Brien(ディラン・オブライエン)は、「僕の家では伝説の存在だ。あんな俳優は見たことがない」と続けた。

大爆発の後、一面が火の海と化した石油発掘施設「Deepwater Horizon」(ディープウォーター・ホライゾン)から脱出するクライマックスで、衣装に火をつけて撮影に挑んだMark Wahlberg(マーク・ウォールバーグ)は、「ジーナはたくましい。あの中に飛び込んで、やり遂げた」と、炎に向かってダイブする究極のアクションに挑んだGina Rodriguez(ジーナ・ロドリゲス)の勇気ある演技を絶賛。そして、家族の物語でもある映画『Deepwater Horizon』(邦題:バーニング・オーシャン)で、Kurt Russell(カート・ラッセル)と親子共演となったKate Hudson(ケイト・ハドソン)とMark Wahlberg(マーク・ウォールバーグ)の波長はバッチリだった。「僕たちはすごく気が合って、相性もよかった。彼女はその場に溶け込み、とてもリアルだった」と、愛娘を交えたかけがえのない家族の時間を再現した。

 

メキシコ湾原油流出事故の実話に基づき、石油発掘施設「Deepwater Horizon」(ディープウォーター・ホライゾン)で働く作業員の決死の脱出の様子をリアルに、壮大なスケールで描いた映画『Deepwater Horizon』(邦題:バーニング・オーシャン)は、2017年4月21日(金曜日)より全国ロードショーで絶賛公開中。

Deepwater Horizon
バーニング・オーシャン

トランスオーシャン社の電気技師マイクが愛する妻子とのしばしの別れを惜しみながら、メキシコ湾沖の石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンに赴いた。ところがマイクの上司で施設主任のジミーと、雇い主であるBP社の管理職社員ヴィドリンが激しく対立。ヴィドリンは工期の遅れを取り戻すため、重要な安全確認テストの省略をもくろんでいた。ヴィドリンが強硬に押しきる形で掘削作業の最終段階を迎えるが、その夜、大量の原油が漏れ出す緊急事態が発生。ついには施設全体に噴出したガスや油がエンジン室に引火し、取り返しのつかない大爆発が起こってしまう。瓦礫の山から這い出したマイクは、重傷を負って身動きがとれない仲間たちを必死に救おうとするが、すでに無残に崩れゆくディープウォーター・ホライゾンの周りには火の海が広がっていた……。

  • 公開: 2017年4月21日(金曜日) 全国ロードショー
  • 監督: Peter Berg(ピーター・バーグ)
  • 原案: Matthew Sand(マシュー・サンド)
  • 脚本: Matthew Sand(マシュー・サンド)、Matthew Michael Carnahan(マシュー・マイケル・カナハーン)
  • 出演: Mark Wahlberg(マーク・ウォールバーグ)、Kurt Russell(カート・ラッセル)、John Malkovich(ジョン・マルコヴィッチ)、Gina Rodriguez(ジーナ・ロドリゲス)、Dylan O’Brien(ディラン・オブライエン)、Kate Hudson(ケイト・ハドソン)、ほか
  • 配給: KADOKAWA

Deepwater Horizon
バーニング・オーシャン
http://burningocean.jp/

© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

     
error: