• HOME
  • NEWS LIST
  • Tech
  • GoProが最新製品GoPro HERO9 Blackを発表—ユーザーの期待と要望に応え性能等すべてがパワーアップ

GoProが最新製品GoPro HERO9 Blackを発表—ユーザーの期待と要望に応え性能等すべてがパワーアップ

革命的なウェアラブルカメラを開発しているGoProが、最新製品を発表した!どのような最新GoProカメラになっているの!?本体や性能は如何に!?記事を読み進めよう!

 
GoPro HERO9 Black
© 2020 GoPro, Inc.
GoPro HERO9 Black

© 2020 GoPro, Inc.

アメリカ合衆国のGoProが、2020年9月16日(水曜日)に最新製品GoPro HERO9 Blackを発表した。

 

今回、“More Everything”というキャッチフレーズと共に新たに発表された最新製品GoPro HERO9 Blackは、GoProユーザーからの期待と要望に応えた形で、あらゆる性能が向上したGoProカメラ。5K映像と20メガピクセルの写真の撮影を可能にする新型センサーやカメラ内ホライゾンレベリングを備えた次世代のHyperSmooth 3.0ビデオスタビライゼーションが搭載され、より鮮明でブレ・歪みの少ない写真・映像、よりサクサクした映像を撮影できるほか、本体前面にもフロントディスプレイが搭載されたことで自身でディスプレイを確認しながら自撮りもでき、サイズアップした背面のリアディスプレイでタッチズームの操作や写真・映像の確認などもしやすく、バッテリーの駆動時間も前モデルのHERO8 Blackから最大30%アップし、寒冷地や雪山などの低温環境下での性能も上がっている。2020年10月を予定に発売される(日本国内は発売日未定)アクセサリーMaxレンズモジュラーを利用することで、Max HyperSmoothビデオスタビライゼーションとMax SuperViewによる最大2.7K60の解像度で歪みの少ない超広角の写真・映像撮影をHERO9 Blackでも楽しむことができる。

さらにサブスクリプションサービスの名称が“GoPro Plus”から“GoProサブスクリプション”に変更されており、サブスクリプションに登録することでGoProカメラ本体はもちろん、アクセサリーなども通常より安く購入でき、故障等した際に無条件でカメラを交換してくれる補償があるほか、今後は製品・性能以外でもサブスクリプションが重要な位置を占め、登録ユーザーは様々なサービスや体験を得られる。

GoProの創業者/CEOのNicholas Woodman(ニコラス・ウッドマン)は、GoPro HERO9 Blackについて「ユーザーは、製品に価格以上のバリューを求め、あらゆる要望を持っています。それらの要望に応えていくという当社のコミットメントがHERO9 Blackには反映されています。HERO9 Blackは、非常に優れた製品です。さらにGoProサブスクリプションに登録していれば、GoPro.comからスペシャルなオファーがあるほか、GoProで撮影したフッテージを保存できる無制限のクラウドストレージ、無条件で利用できるカメラの交換補償といった特典も受けられます。年内には、GoProサブスクリプションの登録ユーザーに対してさらに新たなバリューを提供する予定です」とユーザーの期待と要望に応えたGoProカメラに仕上がっていることと、「当社の事業からできるだけプラスチックの利用を削減できるように目標を定めています。HERO9 Blackは、無駄の多かった従来のパッケージではなく、有益なトラベルケースに入れて提供できることを嬉しく思います。また、当社の他のカメラについても2021年中に同様の対応を行う予定です」と地球環境にも配慮し、時代に合ったサステナブルな対応もしていくことを語っている。

 

既にソーシャルメディアにはGoProファミリーが実際に使用したレビューや撮影した写真・映像がポストされており、それには「HERO9 Blackキター!」、「HERO8 BlackはスルーしたがHERO9 Blackは買い!」、「映像がサクサクしていれば買いたい」などの反応が寄せられ、高評価と好反応が広がっている。

GoProの最新製品GoPro HERO9 Blackは、2020年9月16日(水曜日)より日本国内でも発売中。

商品情報
GoPro HERO9 Black

新型センサーにより、5Kビデオ、20MP写真、HyperSmooth 3.0ビデオスタビライゼーションを実現。新たにフロントディスプレイとサイズアップしたリアディスプレイを搭載し、バッテリー駆動時間もHERO8 Blackから最大30%アップ。Maxレンズモジュラーにより、Max HyperSmoothと超広角のMax SuperViewでの撮影が可能に。

発売: 2020年9月16日(水曜日)
定価: オープン価格
機能: 新型イメージセンサー、ビデオ5K30・4K60・2.7K120・1440p120・1080p240など、写真20メガピクセル、ライブプレビューとステータスモードに対応した新しい1.4インチフロントカラーディスプレイ、タッチズーム機能を搭載し2.27インチにサイズアップしたリアタッチディスプレイ、HERO8 Blackより最大30%アップしたバッテリー駆動時間+低温環境下での性能アップ、取り外し可能な充電式バッテリー、HyperSmooth 3.0(ハイパースムーズ 3.0)+カメラ内ホライゾンレベリング(水平維持)、「リアルスピード」と「ハーフスピード」機能を搭載したTimeWarp 3.0(タイムワープ 3.0)、1080pライブストリーミング、1080pウェブカメラモード、パワーツールHindSight(ハインドサイト)・LiveBurst(ライブバースト)・スケジュールキャプチャー・デュレーションキャプチャー、SuperPhoto(スーパーフォト)+HDRナイトラプスビデオ、RAW写真、デジタルレンズ、14種類のコマンドに対応したボイスコントロール(11の言語と6地域のアクセントをサポート)、3つの進化したウィンドノイズ低減マイクステレオ+RAWオーディオ、サイズアップしたスピーカーによりオーディオの再生機能が向上、取り外し可能なレンズカバー、ビルトインマウントフィンガー、優れた耐久性+水深10mまでの防水性能、HERO9 Black用のMaxレンズモジュラー・ライトモジュラー・ディスプレイモジュラー・メディアモジュラーに対応
取扱: GoProオフィシャルストア、家電量販店、他

GoPro HERO9 Black
https://gopro.com/ja/jp/shop/cameras/hero9-black/CHDHX-901-master.html
HERO9 Black Million Dollar Challenge
https://gopro.com/ja/jp/awards

 

 

© 2020 GoPro, Inc.

既にソーシャルメディアにポストされているGoPro HERO9 Blackで撮影した写真・映像やレビューを見る限り、写真も鮮明で綺麗、映像の流れもサクサクしているようだ。ユーザーの期待と要望に応え、本体も性能もサブスクリプションもパワーアップで高評価・好反応と、GoPro HERO9 Blackは良いスタートを切っている!山や海など自然の中でも利用されるGoProカメラが、地球環境にも配慮し、パッケージ等のプラスチック削減のサステナブルな対応に進んだことも素晴らしい!さらにユーザーが増えそうだ!そのうちSAPIENS TODAY|サピエンストゥデイでもGoProカメラを使った映像も制作・配信していく予定(まだ未定!笑、by 編集長)

     
error: